Smile Engineering Blog

ジェイエスピーからTipsや技術特集、プロジェクト物語を発信します

MIPSとMCPS

ソフトウェアの要件として、性能をMCPSでオーダーされたケースがありました。

f:id:jspnet:20191015234008p:plain:left 前記事の「MIPSとMCPS(?)、100MIPSは100MHzで動くか?」では、 ソフトウェアのベンチマークとして、MIPS【Million Instructions Per Second 】と、MCPS【Million Cycles Per Second 】について書きましたが、MCPSというキーワードがMIPSほど浸透してないのではないか?という個人的な見解も含めた内容でした。 ケースバイケースでMIPSとMCPSを使い分けていましたが、組込みの分野で求められるソフトウェアの処理量(演算量)の要求としては、事実上MIPSではなくMCPSを意味する場合が多く、MCPSも市民権を得たのではないでしょうか。

  • MIPS計算
  • MCPS計算
  • MCPS測定
    • サイクル数測定
    • ARM DWT Cycle Count Register
続きを読む

WAVフォーマットとヘッダ

「PCMにWAVヘッダを付ける」では、WAVヘッダを紹介しました。

WAVフォーマット(*.wav)は、 ファイルコンテナの一種で音源データを格納するファイル形式ですが、手っ取り早く リニアPCMにWAVヘッダを付けるだけでもWAVファイルとして扱うことが出来ます。

WAVファイルはファイルコンテナ

ファイルコンテナの例としては、WAVフォーマットの他にAIFFがあります(オーディオファイルについてはこちら)。

形式 ファイルコンテナ 備考
WAV Wave File Format (RIFF waveform Audio Format) Windows
AIFF Audio Interchange File Format Mac OS
続きを読む

あなたのLinuxは大丈夫? End Of Life を調べてみよう

Ubuntu21.04リリース!・・・の裏でこの季節が来てしまった

先日 別の方のブログ記事 で、Ubuntu 21.04がリリースについて触れられていました。
筆者は別の人間なのでまだ触っていませんが、それと同時に気になることが山のように出てきまして。。。

それは何かと言いますと・・・

Ubuntu16.04 の EOL 到来!!!

あ~、そういえば、あれもこれもあっちのサーバーも、みんなUbuntu16.04だったなぁ~と(汗)

これがいくつもサーバーがあったりすると、気が重くなると言いますか、
そうなる前に順序だててバージョンアップしておけよ!!
と言われてしまうとそれまでなのですが、中には複数人で管理しているサーバーだったり、そもそも私が管理しているサーバーでもなかったり、、、(ってなんだかこうして書いてるだけでも途方のなさががが。

気を取り直して、今日は気にしなくちゃいけない LinuxディストリビューションのEOL について、まとめていこうと思います。

続きを読む

Wayland でのコマンドラインによる解像度変更

はじめに

Ubuntu 21.04 がリリースされました。この版からデフォルトのウィンドウプロトコル(ディスプレイサーバプロトコル、ウィンドウシステム)として、Xorg に変わり Wayland が採用されています。

今までは xrandr コマンドを用いたスクリプトで解像度を切り替えていたのですが、Wayland では同じ方法ではできなくなってしまいました。調査した結果、D-Bus 経由で代用できることが分かったので、備忘のため記します。

続きを読む

Audacityのバージョンアップ

Audacity Ver 3.0.0がリリースされていました。 リリース情報を見ると(こちら)、 Ver 2.4.2からのメジャーバージョンアップです(2021/3/17)。

  • インストールされているバージョンをチェック
  • アップデートのチェック
  • Windows 10でアップデート(新規インストールも同様な手順です)
    • 言語を選択
    • セットアップウィザード
    • インストール先の指定
    • セットアップ
  • Audacityを起動バージョンをチェック
  • 前バージョンのAudacityの設定が引き継がれる
続きを読む